全粒粉50%の食パン作り、バターからオリーブオイルに変更したら膨らみが悪かった

全粒粉50%の食パンオリーブオイルを使うと膨らみが悪いことが判明

前回、パン型を変えてキッチンペーパーを敷く工程を省くことに成功したので

全粒粉50%の食パン作り、フッ素加工された食パン焼型でキッチンペーパーをセットする工程を省きました。

今回はバターを量って入れる手間を削減したいと思い、オリーブオイルに変更して作ってみることにしました。オリーブオイルなら計量簡単なので

全粒粉50%の食パンバターをオリーブオイルに変更したら

材料は前回とほぼおなじ

  • 強力粉135g
  • 全粒粉135g
  • はちみつ30g
  • 塩 5g
  • オリーブオイル20g
  • 牛乳180g
  • ドライイースト3g

ホームベーカリーにセットしてd3でスタート

生地が出来上がったので約10分の寝かせタイム

生地を3つに分けて

伸ばして丸めます

丸め終わりました

パンケースにセットします

40度45分で2次発酵

2次発酵終わりましたが、ふくらみが悪いです

170度30分で焼き上げます

全粒粉50%の食パンも出来上がりはパンケースの外に出ず、明らかに膨らみが悪いです

小さいですね

参考にこちらが前回作ったパン

膨らみは悪いですが味には問題なく美味しかったです。でも、全粒粉50%の食パンにバターは外せないことが理解できました。

フォローありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です