10gずつにバターをカットして保存できるケースを購入、バターカットの時間を短縮できました。

バターをカットして計量する時間を短縮したい

先日、全粒粉50%の食パンでバターの代わりにオリーブオイルを使うと膨らみが悪いということを実感しました。

全粒粉50%の食パン作り、バターからオリーブオイルに変更したら膨らみが悪かった

なぜ、オリーブオイルにしたかったかと言うと、オリーブオイルだと瓶入り液体の状態なので計量が簡単で時間が短く済むからです。

バターだと、箱の銀紙をあけてバターナーフでカットして計量して、またバターナイフを洗わないといけない・・・・・

と思ってたら、バターを5gや10gにカットして保存する容器があるよと教えてもらいました。ありがとうございます。感謝です。

それがこちら、ステンレスカッター式バターケースBTG2DXと言うものです。

ステンレスカッター式 バターケース

早速開封してみるとバターケースにステンレスのカッターが付いたものです。ケースには溝が有って、カッターが確実にバターの下側まで切る構造になっています。

ステンレスのカッターがこちら、刃と言っても只の棒のような感じで切るようです。

バターナイフ付きで収納できます。これ良いかも?

バターカッター説明書を見ると、バターは常温に戻してからとの事

早速、使いさしのバターですがカットしてみることにしました。

バターをトレーに載せます。

そのまま電子レンジへ

説明書によると常温に戻すため、500W20秒の加熱とありましたが、温度設定できるレンジなので20度に設定して加熱

バターカッターを上に載せて下に押さえます。

すると、徐々にバターが切れていきます。かなり堅かったので、25度設定の方が良かったと思います。

無事下までバターがカット出来ました。これで、20gのバターなら2切れホームベーカリーに投入すればオーケーです。バターの計量が楽になりました。バターナイフもいちいち洗う必要もなく、ケースに収納しておけばよし。

 

フォローありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です