機械任せで食事を作り、色んなバリエーションで味付けする事は自炊2.1だと思う

自炊1.0→機械化で自炊2.0→味付け方で自炊2.1

勝間和代さんのYoutubeをベースに、ヘルシオ任せて調理で色々な味付けで作ってみました。

シンプルに塩とオリーブオイルだけの味付け

ヘルシオでナス、鶏肉うすあげのオーブン焼き

バルサミコ酢とオリーブオイル、鷹の爪でイタリアン?

ヘルシオの任せて焼きで「ナスと豚肉のイタリア風炒め物」

醤油と中華スープの素、豆板醤、甜麺醤で中華風炒め物

ヘルシオで手羽元となすびの中華風炒め物

塩とオリーブオイルとカレー粉でカレー味の炒め物

ヘルシオで鶏となすびのカレー風味焼き

 

同じく任せて焼き、トマトを使ったスープでも

塩とオリーブオイルだけの味付け

ヘルシオで鶏もも肉とトマトのスープ

バルサミコ酢を加えてイタリアンな味付け

ヘルシオで手羽元とトマトのイタリアンなスープを作ってみた

黒酢を使って、うーん何風だろうな味付け

ヘルシオで豚バラ肉とトマトの黒酢スープ

色々な味付けで作ってみると、今までの自炊とバージョンが異なるのではと思うようになりました。

 

レシピを参考に、ガスコンロで食事を作る事を自炊1.0とすると

 

ホットクックやヘルシオを使って、切る事と味付け以外は機械に任せて食事を作る事を自炊2.0

 

自炊2.0は自動調理機を使いますが、作るのは肉じゃがやカレーなど既存のメニューです。

 

味付けにバリエーションを持たせて作るのは、またバージョンが違うと思います。

 

自炊3.0までは行かないけど、自炊2.1にはなってるのかなと

 

そんな事を思った今日この頃でした。

 

フォローありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です