ホットクックで試作「カレールーを使った無水カレー」は塩分0.8%で作る方がよさそうです。なぜ?




ルーの場合は塩分0.8%位の方が美味い??

前回のカレールーを使った無水カレーの試作で、塩分を0.6%にするには具材重量1933gが最適だと計算できたので、再度試作する事にしました。

ホットクックで試作「カレールーを使った無水カレー」
カレールーを使った無水カレー いつもカレー粉だけで無水カレーを作っていたのですが。あまり美味しく感じられなくなったので、このメニューは2軍...

材料は

  • カレールー半分
  • 鶏もも肉(冷凍約400g)
  • にんじん
  • 玉ねぎ
  • トマト缶

ホットクックで無水カレー

材料を切って鍋に入れていくのですが、1933gだとかなり入れる必要が有ります。

玉ねぎを2個から3個に増やしましたが、まだ足りません。今回はこれで作る事にしました。

チキンと野菜の無水カレーで調理スタート、出来上がりました。

味は美味しいけど、前回の方が美味しかったと思います。

改めて説明書を読むと、9皿分で具材の重量は

  • 肉500g
  • 玉ねぎ400g
  • ジャガイモ300g
  • にんじん200g
  • 水1150ml=1150g
  • カレールー185g

合計で2735g

一箱9皿分の塩分は

2.6×9=23.4g

塩分の濃度は

23.4/2735=0.008  8%の濃度が最適の様です

なので、半分の4.5皿なら具材は

(2735-185)/2=1275g

カレールーを除いて1300g位の方がいいようですね。

でも、どうしてなのでしょうね?