グラタン皿で作る韓国風鶏もも肉のステーキの味付け割合確立できたと思います

グラタン皿で作る韓国風鶏もも肉のステーキ

先日、韓国風味付けでトマトスープを作りましたがコチジャンが多すぎました。

ヘルシオオーブンで作るトマトスープを韓国風に作ったが、コチジャン多すぎました

今回はコチジャンを減らして作ってみました。グラタン皿に乗せる肉と野菜の重量は約400gなのでコチジャン8gと醤油10gで合わせ調味料を作りました。

グラタン皿で作る韓国風鶏もも肉のステーキ

ヘルシオオーブンの任せて調理焼くで鶏もも肉のステーキが焼き上がりました。

粉唐辛子を振りかけて、合わせ調味料を回しかけて混ぜながらいただきます。

今度はバッチリ、美味しく出来上がりました。

我が家で使っているコチジャンと醤油で塩分濃度が合ってるのか確認します。

こちらのコチジャン7%の塩分なので、8g使用した場合は塩0.56gが含まれています。 約100g分の材料にピッタリの塩分なので、残り300gの具材に対して丁度よい醤油の量は3.5×3=10.5g

大体今回の調味料で合っているようです。コチジャン8g、醤油11gでも良さそうですね。具材の誤差によって適当にという感じでしょうか

フォローありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です