ヘルシオで試作「牡蠣の低温蒸し・75度15分」

牡蠣の低温蒸し

牡蠣の低温蒸しは3度目の試作です。一度目は加熱用牡蠣を70度までしか加熱しませんでした。これは、大腸菌とノロウィルスが死滅できないので今後止めときます。

菌名 死滅条件
大腸菌 75度以上で1分間の加熱
ノロウイルス 85度以上で1分間の加熱
腸炎ビブリオ 70度以上で1分間の加熱

ヘルシオで試作「牡蠣の70度蒸し」

2度目は85度15分で蒸して見ましたが、明らかに身が縮みました

ヘルシオで試作「牡蠣の85度蒸し」

以上の反省を踏まえて、今回は生食用の牡蠣を使う事にしました。5個入りで398円、高っ!

ヘルシオで牡蠣の低温蒸し

魚焼きトレーの上に並べてヘルシオの上段に入れます。

ソフト蒸し75度15分で調理スタート

出来上がりました、今回は身もプリプリ美味しいです。温かいまま食べましたが冷蔵庫で冷やして食べるのがよさそうです。今後はこれで行こうと思います。

牡蠣の低温蒸し、目的を整理しておくと

スーパーで売ってる生食用の牡蠣ですが、何となく生で食べるのは不安が有りますよね。そこで、75度で加熱して大腸菌まで死滅させるのが目的です。そうすると安心して美味しく食べれるのではないかと思います。

 

 

 

 

フォローありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です