ルンバぶるな扇風機置台をDIYで作ってみました。




ルンバぶるな扇風機置台

以前から気になってたこと、扇風機とそのコードが邪魔でルンバ君が掃除しにくいようでした。扇風機を動かして後ろのドアを開けにくくしてしまうとか、そんなのが気になっておりました。

我が家の扇風機は線などルンバ君の邪魔

そこで、ルンバブルな扇風機置台をDIYで作ることにしました。

材料を切るのですが、その前に丸鋸定規を作ります。材料は

  • 1×4材
  • 2.5mm厚のべニア板
  • 木工ボンド

1×4材とべニア板を接着します。補強のために小さなビスでも固定しました。

その前に丸鋸定規の作成

あとは、1×4材に沿わせて丸鋸で切れば定規完成です。

丸鋸定規完成

木材を切ってオイルステインで塗装します。

木材を切って塗装して

材料がそろいました。使ったのは

  • 構造用合板12mm厚
  • 1×6材
  • 細い木片
  • 2×4材

ルンバブルな扇風機置台を作った

組み立てます。構造用合板を1×6材で連結、2×4材で足を作ります。

裏から見るとこんな感じです

左側の小さな木材の隙間に棚受けをはめて固定する構造です。

柱に固定したレールから出た棚受けにセットします。

扇風機置台、出来上がりました。

扇風機を載せて完成です。ルンバ君は棚の下を通りますので、掃除の邪魔にならなくなりました。その横のブラーバ君も大丈夫だと思います。

秋になればもう少し横長で薄型のルンバブルなガスファンヒーター置台を作ろうと思います。