DIYでよく眠れる寝室作り、枕元灯としてカッコいいLEDブラケットを取り付けてみた

LEDプラケットを枕元灯として取り付けました。

昨日壁一面に羽目板を施工しました

DIYでよく寝れる寝室作り。壁一面に羽目板を貼ってみました。

壁一面のベッドボード、でも、電線が1本出たままです。ここに照明を取り付ける予定で探していました。枕元灯として読書灯として使えそうな照明を

とりあえずベッドを戻してDIY完了

いつもは照明など国産品を使うのですが、amazonで見つけたLED ブラケットライトがカッコよくて、しかも安いので試しに購入してみる事にしました。

三角形の形状で下に4つ、上に一つLEDが付いています。国産ではなかなか見つからないデザインです。

LED ブラケットライト

取り付けのために分解してみました。このLED Driverが心臓部のようです。オートボルテージでDC12Vから18Vを出力するようです。入力側はAC直結式で、施工性は悪いです。

面倒ですが、圧着接続にてAC接続しました。国産照明だと多くは差し込むだけで接続が出来るのでこの辺りが安い理由でしょう

取り付けて点灯させてみました。中々カッコよいです。

壁全体だとこんな感じとなります。

主照明を消すとこんな感じで雰囲気よいです。スグに壊れる可能性も高いかもですが、これで使ってみようと思います。 

フォローありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です